送迎から働き方まで!女性が安心して働ける夜の仕事の職場を徹底解説!

>

ノルマや営業なし!女性が自由に働けるキャバクラ派遣とは?

この記事をシェアする

ノルマ無用!気軽なキャバクラ派遣とは

キャバクラでより気軽に働けるシステムがキャバクラ派遣です。
これは女性がキャバクラ派遣に登録し、キャストが不足した店から要望があれば、都合のいい時間に仕事を選んで働けるという制度です。
時給は3000円前後で、日払いで受け取れます。

特定の店に勤めた場合は、週に一定以上の出勤を求められますし、指名ノルマや、メールなどで勤務時間外の営業も必要になります。
同じ店に勤め続ければ、人間関係などの問題が出てくることもよくあります。
しかしキャバクラ派遣では、それらの心配がまったくありません。

自分の都合を優先できるため、学生や本業がある人でも、仕事や学業の邪魔にならず働けます。
またメインのキャストにつくヘルプの仕事になるため、経験の浅い女性でも勤めやすい仕事になります。
働く必要がなくなればすぐやめられるというのも、大きなメリットのひとつです。

キャバクラ派遣のデメリットとは?

メリットが多いように見えるキャバクラ派遣ですが、もちろんデメリットもあります。
キャバクラといえば実力次第で、月に百万単位の高収入を得られる可能性もある、女性にとって夢の仕事です。
しかしキャバクラ派遣では店が忙しいときのヘルプが中心になるため、割りはいいものの極端な高収入をつかむといった夢は望めません。

また毎回、違う店で働くことになるため、店ごとの雰囲気やルールに対応しなくてはなりません。
そして仕事が簡単になる分、経験を重ねて話術や接客のスキルを磨くことも難しくなります。

なにより、週末や繁忙期以外など、店側からのヘルプ依頼がなければ仕事がないため、空いている時間でも確実に働けるとは限らないという問題があります。
逆にそれらの点を踏まえて、本格的に夜の仕事で働くのではなく、都合と需要が一致した際の副業と割り切るなら、有効に活用できるシステムになります。