送迎から働き方まで!女性が安心して働ける夜の仕事の職場を徹底解説!

>

初心者でも安心の体験入店と早い時間でもできる夜のお仕事

この記事をシェアする

未経験の女性でも安心の体験入店とは?

キャバクラなどで働くのは華やかなイメージですが、もちろん楽しいことばかりではありません。
接客は話を盛り上げるだけでなく細やかな気遣いも必要ですし、水割りの作り方、話の腰を折らずに黒服スタッフと指示を出しあうサインなど、店独自のルールも覚えねばなりません。
またその店の雰囲気が自分に合うかは、働いてみないとわかりません。
夜の仕事は未経験、また経験が浅い女性にとっては不安も大きいでしょう。

そこで役立つのが体験入店です。
これは面接後、一日だけその店での仕事を経験できるシステムです。
体験のため基本的には聞き役に回りつつ、他のキャストに指導を受けたり、仕草を観察したりして、仕事の基本から、その店の雰囲気までつかむことができます。
ドレスやアクセサリーはレンタル可能で、もちろん体験入店でも働いた分の日給は出ます。
自分がその店に合わないと思えば、正式入店を辞退することもできるので安心です。

日中でも夜の仕事?朝、昼キャバの特徴

夜の仕事と呼ばれるキャバクラですが、最近では文字通り、早朝から昼間にかけて営業する、朝キャバ、昼キャバというものもあります。
仕事の内容は通常のキャバクラと変わりませんが、客層は早朝なら同業の男性スタッフから、自営業、出張や観光客、夜勤の人などが多くなります。

メリットはやはり日中の仕事のため勤めやすく、一般的な仕事よりは時給が高い。
客層も会社経営など余裕のある人物が多い。夜のキャバクラに比べて装いがカジュアルですむ。
夜の勤務に比べてノルマなどが低く、未経験のキャストが多いため雰囲気がソフトになる。
そのため人間関係のトラブルが起こりにくいといった点があります。

デメリットとしては朝、昼からお酒を飲まなければならない。
夜の仕事に比べると時給が下がるといった点です。
自分の都合や、資質などによっては、朝、昼キャバの仕事を選ぶのもひとつの方法でしょう。